転職活動をしている保育士が沢山いる

都市部を中心として夫婦共働き世帯が急増していることもあり、子どもを保育園に預けるご家庭が増えています。夫婦が共に働くとなると小さな子どもがいる場合には仕事中は子どもを保育園に預ける必要がありますが、あまりに子どもを預ける女性の数が多過ぎて保育園ではとても困っています。

保育士不足の課題と求人の現状

テレビのニュースなどで、保育園の不足が報道されることが増えていますが、保育士の不足も深刻な社会問題になりつつあります。その原因としては、働く場所がないこと、重労働でストレスが溜まりやすい職場でありながら賃金が安価である、時間外労働が多く拘束時間が長いといったことがあげられます。そのため、結婚を機に辞めてしまう人が多く、復職する人が少ないのが現状です。

保育士の求人を見るときに注意すること

現在、新聞などマスコミで問題になっていることのひとつに保育園に入れたくても入れられない問題があります。<!–more–> いわゆる待機児童問題ですが、これが起きる原因は保育園が足りないことです。 では、なぜ保育園が足りないかといいますと理由は2つあります。 ひとつは周辺住民の反対運動です。 今の時代は個人の意見が反映するのが重要視されますので周辺の住民が騒音などで反対するなら開園するのも簡単ではありません。 あとひとつは保育士の確保の問題です。 これは看護師にも共通しているのですが、 人手不足が常態化しています。 ですから、<a href=”http://www.hoiku-partners.com/”>保育士の求人</a>広告などを見ますと、求人が常に行われています。 看護師の人手不足は労働環境が大変だからですが、 保育士の場合は労働環境のほかにあとひとつ収入が低いことがあります。 最近になりようやっと行政も保育士の労働環境や待遇に目を向けるようになってきました。 しかし、実現までには時間がかかるのが実態です。 このような状況でできるだけ働きやすい保育園を見つけることが大切です。 しかし、仕事を探す側は与えられている情報が限られているのが現実です。 そのような中で大切なのは求人広告からできるだけ実状を想像することです。 例えば、頻繁に求人を出しているところはそれだけ離職率が高いことの裏返しでもあります。 また企業の評判を公開しているサイトなどがありますからそれを利用することも効果的です。 劣悪は保育園で働きますと仕事を家に持ち帰らなければ業務が回らなかったり、 …