トイレの修理を考える前にやるべきこと

トイレの故障は、もちろん修理を考える必要があるときもあります。

しかし、トイレの修理業者を呼ばずに自分で直せる場合もありますので覚えておきましょう。便器関係のトラブルで多いのは、水漏れです。タンク内・便器内に水が漏れている場合に考えられるのは、ボールタップ・フロートバルブなどといったタンク内の部品が故障しているというケースです。このケースでは、ボールタップ・フロートバルブなどといった部品の交換のほか部品を取り外すために使用するレンチやプライヤーを必要とします。もしも自分で交換するのであれば、最初にタンクの中の仕組みを知っておいたほうが良いです。考えられるケースとしては、タンクのフタを外し、中を確認したときに通常の位置より高い位置に水が上がってきている場合にはボールタップが壊れている可能性があります。

ボールタップは浮き球と繋がっている部品であり、タンク内への水の出入りを調整する部品です。浮き球は、タンク内の水面に浮かんでいるプラスチックでできた部品です。浮き球を調整することで、水が止まる場合には手だけで直せます。水が止まらなければ、ボールタップを好感します。逆にタンクの水が通常より低い位置にあれば、レバーやフロートバルブが故障している可能性があります。フロートバルブはタンクと便器の水の通り道を塞ぐゴムの球のことです。

フロートバルブが壊れるといつまでも便器の中に水が流れます。フロートバルブの隙間から水が流れたり、栓の役割を果たさなくなっているとタンク内の水位が下がるという仕組みです。フロートバルブが壊れている場合、交換をします。これは鎖とセットで売られています。トイレが詰まる症状がある場合は、ラバーカップを使って修理できます。これを使う場合、トイレットペーパー・排泄物など水に溶ける物であれば使用は適していますが水に溶けないものは修理業者を呼んだようが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *