トイレの給水管からの水漏れ修理

トイレトラブルで多いのは水漏れです。

たとえば、壁から給水管が出ており、それが便器のタンクにつながっています。その間にウォシュレットがあると、ウォシュレットにも分岐していきます。壁から伸びてくる給水管が便器のタンクまで一直線につながっているわけではなく、通常途中で何か所か曲げられ形が整えられています。また、複数の給水管がナットで結合されています。この結合部分から水漏れが発生することが少なくありません。その原因はナットの下にあるゴムでできたパッキンの劣化です。

そのため修理は簡単で、劣化したパッキンを交換すれば良いわけです。パッキンはホームセンターに行けば購入可能で、価格も100円以下です。ところが、いざ自分でパッキンを交換しようとトライすると、これが想像以上に難しい場合があります。その原因となっているのが、給水管がくねくねと曲がることです。少しでも角度が悪いとナットをしっかり締めることができず、パッキンとの間に隙間ができてしまいやすいのです。

位置を確定するために給水管を動かしたり、曲げ方を変えているうちに、さらに水漏れが悪化してしまうということも少なくありません。給水管からの水漏れは、マイナスドライバーでしめることで止まりますが、トイレは毎日何度も使用するものですから、このままの使用不能な状態にしておくわけにもいきません。自分では修理が無理と判断した場合は、トイレトラブル修理の専門会社に連絡を入れることをおすすめします。は経験豊富なプロの技は、やはり素人とは異なり見事に水漏れを止めてくれることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *