ハンドル混合水栓で水漏れトラブルが発生した時の修理

水道の形状にも様々な種類がありますが、その中にハンドル混合水栓があり、比較的古くからあるタイプの水道となっています。

水漏れトラブルが発生したら形状ごとに基本的な仕組みを理解した上で原因を探さなければなりませんので、ご自宅でハンドル混合水栓を使っているご家庭では内部の構造まで知っておくと便利です。古いですが、構造自体は非常にシンプルですので壊れにくいのが特徴であり、修理をする場合でも部品を取り外すのは難しくありません。ハンドル混合水栓の水漏れトラブルでは、ポタポタと水が垂れるような症状が多いようです。

このトラブルの原因は、ハンドル部分の内部にあるパッキンの劣化です。パッキンは元々使っていくうちに少しずつ劣化していくものですので、10年程度が経過しているのなら新しいものを用意しておく必要があります。修理が必要になった時に新しいものが無いと、急いでホームセンター等で購入しなければなりません。

ホームセンターやネット通販では大抵のものが手に入り、揃わない可能性はほぼないと考えられます。あまり不具合を起こさないハンドル混合水栓ですが、水漏れが起きてもいつの間にか収まるだろうと考えてしまいますが、一度水漏れが始まったら自然に収まることはありませんので、遅かれ早かれ修理は必要です。パッキン自体は非常に安価で誰でも簡単に購入できるため、いざという時のために複数の在庫を確保しておくのも良いかもしれません。
水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *