水回りのトラブル! つまりの原因と対処法について!

水回りのトラブルと言ってすぐに思いつくのは、排水口のつまりです。

主なトラブルに給水側と排水側があり、給水側は蛇口やパイプのつなぎ目部分の経年使用による劣化で発生し、定期的な交換が必要となります。急なトラブルとして深刻な問題となるのが排水側の問題で、排水口のつまりが原因となります。排水口のつまりの原因は汚れで、給水側と異なる点としてパイプを流れる水が排水(汚水)であることです。また、給水側は常に一定の水圧がかかっているのに対し、排水側は空洞で汚れた配管に空気が接しており、カビやぬめりの原因となり、髪の毛や食材等が配管内に引っかかり、長期でこれを放置しておくと配管内部が血管に出来る血栓のように塞ぎ、詰まりとなります。

トイレの場合汚れ意外もあり、トラップ部分が長く複雑で、トイレットペーパー以外の紙の使用や、流水能力を超える状況となると、詰まりの原因となります。一旦、詰まりが生じると簡単には解消しません。多少でも、流れがある状態であれば、強力パイプ洗浄剤でつまった部分をつまった強力に溶かし、流すことができますが、全く流れない状況でつまりができている場合は、つまった部分を取り除く必要があります。

キッチンや洗面所、バスの場合、トラップ部分が分解できるようになっていることがあり、ここでのつまりは分解して汚れを取り除くことで解消することが多いです。配管の奥でのつまっている場合は、速やかに業者に依頼し、早期での対処を考えましょう。水のトラブルを取り扱う業者も様々ですが、修理内容により料金が異なるので、必ず最初に料金確認をすることです。お値打ちな対処料金を前面に出し、実際に対処する時に特別料金が求められたというトラブルが消費者センターに相談される例が多いです。信頼のおける行政の指定業者に依頼することが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *