トイレつまりのトラブルを予防するには

トイレのトラブルのなかでも多いのがつまりです。

つまりが起きると流れていかないうえに、便器から水があふれることもあります。これは非常に不衛生で、困った状況です。しかし、つまりをどうにかしようとして下手にいじると、つまっているものをより奥へ奥へと押し込んでしまい、さらにひどいトラブルになることも。そのようなトラブルを起こさないためには、そもそもトイレがつまらないようにすることがなにより大切です。どうにも水が流れていくスピードが遅い、水を流すと便器のふち近くまで水位があがってきてその後に徐々に引いていくなどのトラブルがある場合も、ほぼつまりかけの可能性があります。

これ以上トラブルが進行しないように注意することが必要です。トイレがつまる主な原因は、溶けにくいティッシュペーパーや生理用品、猫砂など溶けにくい物、溶けない物を流してしまうことです。また、トイレで吐くと、吐しゃ物に含まれる油が排水管でこってり固まってつまることもあります。これを防ぐためには、トイレに流すのは排泄物とトイレットペーパーのみという原則を徹底させましょう。

トイレットペーパーも、一度に大量に流すと溶けのこりが出る可能性があるので、少量ずつ流すことが大切です。掃除用のウェットシートや猫砂などは「トイレに流せる」と謳っているものがありますが、これらもなるべく一般ゴミとして処分する方が良いでしょう。大量に流すと溶けきれずに残り、つまりの原因となります。吐くときも、トイレではなく2重にしたビニール袋などに受け、古新聞紙などをいれて水分を含ませ厳重に処分することが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *