福岡の水漏れ修理のパッキン交換

福岡の水漏れ修理で最も手軽な方法はパッキン交換で、パッキンは蛇口を開け閉めした時に水が漏れないように栓をするゴムの蓋です。

ゴムが金属の隙間へ入ることで隙間から水が漏れないようにしてますが、古くなってくると弾力がなくなって破損すると隙間が出来て水が漏れてきます。福岡の水漏れ修理でパッキン交換をするときは、漏れている個所にあったパッキンに特定を行い、捻るタイプとレバーのタイプでは構造が違います。昔ながらの捻って開けるタイプの蛇口は、コマパッキンが劣化して福岡で水漏れが起きているためこれを修理します。

ただ、水を流しているときに後付けしたパイプのつなぎ目から漏れているときは、Uパッキンが劣化が原因かもしれません。シングルレバータイプは、水を止めているのに蛇口から漏れるならバルブカートリッジ本体かそれについてあるパッキンの劣化、付け根部分からだとクランク用パッキンが古くなっていると言えます。漏れの原因となるパッキンを特定出来たら、必要な部品をメーカーに問い合わせます。

ホームセンターに言っても種類が多いので困ることもあり、商品説明書に対応メーカーや品番が書いていないため事前にメーカーへ問い合わせておくといいです。メーカーに聞いてもわからないなら、元栓をしめてからパッキンを外してホームセンターへ実物を店員に見せて探すのがおすすめです。捻るタイプの蛇口は比較的取り外しは簡単ですが、レバータイプだとメーカーや品番によって取り外し方法が違うので詳しい知識や技術も必要です。自分で無理して行って部品を破損すると他の部品交換も必要になるので、難しいなら業者へ依頼したほうが確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *