水漏れやつまりを自力で解決

水漏れやつまりが発生したら、すぐにでも業者に依頼しなければならないと考えてしまいますが、実は自力で解決できる症状もたくさんあります。

多少の工具や道具は必要ですが、ホームセンターで揃えられるものばかりですので、緊急に対応するべきケースを除けばじっくりと観察してから依頼するかを決められます。緊急な対応が必要になるケースは実際にはほとんどなく、水漏れの場合は元栓を閉めることで時間的な猶予ができますし、つまりに関しても一定時間は使わなければ急ぐ必要がありません。

自力で直せるトラブルとして、ナットの緩みやパッキンの劣化は最初に確認したいところです。ナットが緩んでいるだけならすぐに改善できますが、パッキンの劣化が分かっても替えの部品が無ければ直せないため、いざという時のために用意しておくと安心です。排水管にヒビが入ったり、蛇口本体が劣化によって破損した場合には、大掛かりな修理が必要になるため自分で修理することを諦めなければなりません。

依頼すればその分費用がかかりますが、全てを安心して任せられるのはメリットです。水漏れと同じようにつまりに関してもすぐに直せることがあり、例えば見える範囲に大きなものがつまっていれば、それを取り除くだけで済みます。排水管の流れが悪くなった時でも、専用の洗剤を投入して少し待ち、ぬるま湯を流すことで解決できるかもしれません。それでも改善されない時には、修理依頼をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *