水漏れにつまり、水のトラブルは早めに修理を

水漏れやつまりなどの水のトラブルは、突然起こり日常生活に不具合を生みます。

部品の経年劣化が原因で起こる場合が多く、新築の家などでトラブルが発生することはほとんどありません。水回りには7年から10年が耐用年数の部品が多く使われており、設置から10年ほど経過すると何らかの不具合が出てくる可能性があります。水漏れやつまりが起きている個所によって、必要な部品や修理方法が変わります。水漏れの原因が蛇口のパッキンなどの場合は、自分で修理することも可能です。

また水漏れの原因が排水パイプのつまりであれば、内部を掃除することでトラブルは解消されます。しかし水道管の亀裂や損傷から水が漏れている場合は、素人の手には負えません。古い水道管の場合、内部が錆でボロボロになっている可能性があります。新しい水道管に交換する必要があり、素人では行えない大掛かりな工事になる場合もあります。プロに修理を依頼すると出張費や技術料など、部品代以外の費用が掛かります。

しかし水道修理の知識のない素人が勘で修理を行った場合、被害が大きくなる可能性は否定できません。被害が大きくなり床や家具などが水で痛み、結果的に水道修理代だけでなく床の修理代や家具の買い替え費用が発生することも考えられます。またマンションなど賃貸物件の場合は、被害が自分の部屋だけでなく下の部屋まで広がる可能性があります。水漏れやつまりによるトラブルを見つけたら、無理に自分で対処するより専門の業者に修理を依頼した方が確実で安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *