トイレのつまりや水漏れの原因や対処法とは

家の水回りでトラブルが発生しやすいゾーンといえば、トイレ。

その原因や症状は多岐にわたりますが、いずれにしても緊急性の高いものであれば、直ちに水道修理会社へ連絡する必要があります。手遅れになると、便器本体や排水管あるいは床や壁などの建材にまで、大きなダメージを与えかねません。さらに団地やマンションのような集合住宅ならば、なおさら修理を急ぐことが求められます。水漏れで階下の住民にまで被害を与えれば、後から高額な損害賠償を請求されることにもつながるからです。

その一方で、長期にわたる慢性的な水トラブルの症状もあります。例えば便器のつまりで排水に時間がかかる、いつもタンク内からポタポタと水漏れの音がする、レバーを作動させてないのにチョロチョロと水が便器に流れ続けるなど、一見してあまり大したものではないように思えます。しかしそのまま放置するのは禁物です。徐々にトイレ本体や周囲の水道設備にまで、ダメージを拡げるおそれがあるからです。症状が軽いうちならば、素人の方でも対処が可能です。

例えばトイレットペーパーが原因でつまりを起こしたら、市販のラバーカップの使用で解消できることもあります。またタンク内のパーツが外れていたり、給水管のナットが緩んでいる程度なら、素人の方でも修理は容易でしょう。しかし深刻なつまりや水漏れの症状であれば、専門的な知識や技術あるいは機材が必要になります。素人の方が無理をすれば、さらに症状が悪化することもあり得ます。地域で実績のある水道修理店へ、速やかに相談するのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *