トイレのつまりや水漏れは放置しないで

トイレの便器で排水に時間がかかったり、ゴボゴボといった異音がするようなら、早めの対処が必要です。

それは排水口や排水パイプのつまりによる、初期症状かもしれません。そのまま放置しておくとさらに症状が悪化し、完全に水が流れなくなるかもしれません。それどころか逆流で便器からあふれて水漏れし、床や壁までダメージを与えることさえあり得ます。したがって少しでもトイレの排水に異常を感じたら、速やかに対処すべきです。症状が軽ければ、市販のラバーカップやワイヤーブラシ等でも解消できます。つまりの原因にはトイレットペーパーの使いすぎも目立つので、日頃から使用量に注意することも予防に役立ちます。

ただし原因がオムツのような非水溶性の紙類や、スマートフォンのような固形物の場合には、ラバーカップ等で無理をして押し流そうとしてはいけません。これらは水で溶けることがない上、さらに奥で挟まると、ますます症状が深刻化します。さらに便器や排水管に損傷を起こし、大きな工事が必要になるかもしれません。このようなケースでは、手で届く範囲であれば、ゴム手袋などをして速やかに取り出しましょう。

他方で、重度のつまりや原因自体がわからない場合には、地域で信頼できる水道修理会社へ連絡してください。ノズル先から水漏れが続く、機器本体から水がにじみ出るなど、ウォシュレットの水漏れについても、水道修理会社へ調査や修理の相談をすべきでしょう。これらの機器は電気を扱う上、構造の複雑な装置なので、素人の方では修理は困難です。無理をすると漏電などによる火災の原因にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *