よくあるトイレのつまりや水漏れを解消するには

トイレでよく起こる水トラブルといえば、便器のつまりでしょう。

排水に時間がかかる、ゴボゴボといった異音がする、さらには突然逆流して水があふれ出す等、つまりによる症状も様々です。同様につまりの原因も多岐にわたります。一般的によく知られているのが、トイレットペーパーの過剰使用。たとえ水溶性の紙類でも大量になると、タンクの水量や水流では処理しきれずに、排水口付近で溶け残ってしまいます。これがつまりを引き起こすのです。症状が軽いのなら、市販のラバーカップ等でも解消できます。

ただし原因が非水溶性の紙類や固形物であれば、無理矢理に押し流すのは逆効果です。かえって便器や排水管を傷めることにもなります。このケースでは、地域で実績のある水道修理店へ相談すべきでしょう。タンクの水漏れも、トイレでは発生しやすいトラブルと言えます。タンクとつながる給水管のナットが緩んでいるだけでも、水漏れが起こります。またタンク内には幾つものパーツが格納されており、それが何らかの異常を生じると、水漏れが起きやすくなります。

例えばフロートバルブが外れていると、排水弁の調整ができなくなり、便器へ水が流れ続けます。あるいは給水調整をするボールタップが経年劣化していると、給水管からタンクへいつまでも給水されて、タンク内から水音もするようになります。タンクに関する修理は、専門的な知識や技術あるいは工具やパーツが必要になることもあります。速やかな修理を希望するならば、地域で信頼できる水道修理店へ依頼する方が無難でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *