水漏れ修理を仕事にするにはパターンを覚えることです

各水回りの場所では、水漏れ等のトラブルはいつかは起きてしまうことになり、修理会社は各地で営業をしているものなので、直ぐに対応してもらうことは可能です。この仕事においては、会社により違いはあるものの、完全に素人状態から入社をしても最初の頃には勉強は必要です。勉強はマニュアルなど書面で覚える方法だけではなく、実技がかなり重要になるので一定期間は修業することが必須条件です。独り立ちをするまでに掛かる日数は人により違いはあるものの、手先の器用な方や普段から工具を使っている方であれば、1か月がたたずに独り立ちすることは不可能ではありません。

水漏れの修理にはパターンというものがあり、水回りの場所と、該当する蛇口の種類、配管の確認等がメインになり、それぞれのパターンを覚えることでメーカーが異なっても対処できる技術は身に付けられます。特に蛇口からの水漏れの修理では、多くの事例でパッキンの劣化ですが、蛇口を確認した時に漏れている箇所により交換が必要なパッキンの場所は直ぐに特定できます。蛇口本体と接続箇所が全て見える位置にある蛇口の場合は、意外と修理は簡単に行えますが、キッチンのようにシンク台下側から接続をしているタイプでは、専用工具を用いないと届かない場合もあるので、この作業は一度は経験をしないと難しいかもしれません。トイレは別格と考えることが必要です。

多くのトイレの水漏れ事例はロータンク内で問題が起きています。タンク内にはいくつものパーツが取り付けられているので、こちらもパターンはありますが、各パーツの機能を十分に把握しないと仕事にならないので実技を重ねる必要性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *