水のトラブルが起きたら

水のトラブルが起きることはよくあることです。しかし自分で部品を交換するだけで修理できることもありますし、業者でなければ修理できないこともあります。水栓の仕組みを知っていれば原因が判明しますし、業者を呼ばずに修理することも可能です。よくある蛇口の形状にはシングルレバータイプとハンドルタイプがあります。

シングルレバータイプはシンプルな構造に見えますが、内部の部品は多くなっているので複雑です。無理やり外そうとすると別の水漏れが発生することもあります。もしシングルレバータイプで水のトラブルが起きたら、まずパッキンが劣化している可能性を考えましょう。しかし壁との隙間から水漏れが起きている場合は、修理の難易度が高くなるので業者に依頼するのが無難です。

ハンドルタイプの蛇口はシングルレバータイプと比べれば単純な構造になっています。ハンドルを回すことでコマパッキンが上下して、水のコントロールを行っているからです。もしもコマパッキンが劣化しているだけなら修理することも難しくはありません。コマパッキンを交換しても水のトラブルが解消されないときはスピンドルの寿命が近いのかもしれません。

コマパッキンやスピンドルはサイズが合ってないと取り付けられないので気を付けましょう。築年数が経過している家は給水管も破損していることもあるので、細心の注意をしながら作業しなければいけません。難しいときは業者に任せるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *