保育士の求人への応募はこのように行おう

求人誌やハローワークの情報などで保育士の求人を目にすることがありますが、
そこにある情報は条件や待遇面しか書かれていませんので、
園の特徴まではわかりません。

ほとんどの場合、条件や待遇面だけで保育士の求人に応募した場合、
失敗してしまうことがあります。
お給料の面も大切ですが、子供の命に係わる仕事になり、
だからこそ軋轢も生まれやすい職場です。実際、園がどんな場所であり、
どのような雰囲気を醸し出しているのかを知ることがとても大切です。
だからこそ現役の保育士の意見を参考にして、応募することがおすすめです。
新卒になると説明会などで実際園の雰囲気を知ることができる機会も多いです。
また現役のその場で働いている保育士の話も聞く機会もありますので、
新卒になると情報を求めやすくなります。
保育士の求人はこちらです。
ただ転職や新しく資格を取って働くような場合は、
そのような機会が皆無になることも多く、なかなか難しくなるのが現状です。
そんなときな見学を申し出るようにしましょう。
面接の時でも構いません。見学をできる機会を設けてから、
その園の特徴を見極めることをおすすめします。
大抵は面接時に園を見学させるところが多いですが、
そのような機会を設けない園もあります。
このような園の姿勢はどれだけ保育士を
大切に扱っているのかを知ることもできるでしょう。
長く働いてほしいからこそ、意欲がある人
もしくはこの雰囲気に耐えて働くことができる人を
園が求めていれば、そのような機会を簡単に用意してくれるはずです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト