保育士不足の課題と求人の現状

テレビのニュースなどで、保育園の不足が報道されることが増えていますが、保育士の不足も深刻な社会問題になりつつあります。その原因としては、働く場所がないこと、重労働でストレスが溜まりやすい職場でありながら賃金が安価である、時間外労働が多く拘束時間が長いといったことがあげられます。そのため、結婚を機に辞めてしまう人が多く、復職する人が少ないのが現状です。この中で、働く場所については、自治体の働きかけによって保育園が徐々に増え始めていますが、依然として保育士の求人はあるけれど応募が少ないことに変わりはありません。こういった事態を打開するため、勤務形態を見直そうとしている保育園も増えています。これまで、一番の課題であった、長時間労働については、残業を少なくしたりパート勤務を可能とする保育園が増えており、応募者数を伸ばしています。
保育士の求人についてはこちらです。

また、産休制度を充実させたり、年間の最低休日日数を増やす等、結婚後も働ける職場環境を整える動きも活発化しています。さらに、保育士の求人を専門に扱うサイトも数多く開設されるようになってきており、自分のライフスタイルに合った保育園の求人を探しやすくなっており、働きやすい職場環境は整いつつあります。しかしながら、まだまだ保育士不足の問題を根本的に解決するには至っていません。根本的に解決させるためには、国が保育士の現状を把握し、さらなる保育園の増設や育成制度を強化するなど、全体的な底上げを行うことが望まれています。
この中で、働く場所については、自治体の働きかけによって保育園が徐々に増え始めていますが、依然として保育士の求人はあるけれど応募が少ないことに変わりはありません。た事態を打開するため、勤務形態を見直そうとしている保育園も増えています。これまで、一番の課題であった、長時間労働については、残業を少なくしたりパート勤務を可能とする保育園が増えており、応募者数を伸ばしています。

また、産休制度を充実させたり、年間の最低休日日数を増やす等、結婚後も働ける職場環境を整える動きも活発化しています。求人を専門に扱うサイトも数多く開設されるようになってきており、自分のライフスタイルに合った保育園の求人を探しやすくなっており、働きやすい職場環境は整いつつあります。しかしながら、まだまだ保育士不足の問題を根本的に解決するには至っていません。
根本的に解決させるためには、国が保育士の現状を把握し、さらなる保育園の増設や育成制度を強化するなど、全体的な底上げを行うことが望まれています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト