任意整理の過払い請求のデメリット - 過払い金返還請求の実情

任意整理の過払い請求のデメリット

任意整理として過払い請求をする場合のメリットはうまくいけば借金を相殺できることにあります。また、任意整理は交渉から問題を解決するので、結果によっては利息がカットされることもあります。
一方、借金整理の過払い請求にデメリットはあるのかどうか、これは少なからずデメリットがあります。

過払金の請求が気になる方はこちらへご来訪下さい。

まずは状況によっては交渉が進まないことがあることです。

簡単に言うと、借金を整理するためでも過払い金がなければ話にならないので、この点が重要になってきます。


もし任意整理を行うことができないようであれば、ほかの債務整理の方法から借金問題を解決する必要があります。



次に借金整理をすることのデメリットとしては信用低下があります。
これは絶対に信用が落ちてしまい、どんな債務整理の方法でも同じです。
過払い請求をするから信用が落ちるというよりは債務整理そのものが信用低下の要因となります。

信用低下になるとお金を借りることが非常に難しくなります。



それをデメリットと考えるのか、お金を借りれないことをメリットと考えるのかは、本当に個人差がある部分です。目先のことを考えると、将来的にお金を借りることが難しくなるとはいえいかに現状を打開できるのか、ここに集中することが大事だと言えます。また、将来的には信用はいずれ回復するので、このデメリットはあまり深刻に考える必要もなく、信用が回復するまでにしっかりと貯金をする習慣を身に着けると考えればよいです。